HOME > 大学院 理工学研究科

大学院 理工学研究科

近年、企業の求人依頼で大学院修了生を指定して来る企業が増えています。これは、大学院博士前期課程(2年間)を修了した学生(修士)が、実験、解析、設計、問題解決などで優れた能力を発揮することが世の中から認められているに外なりません。これらの能力は、学生が主体的に、かつ、教員や学部生と協調しながら研究を行なうことにより培われます。
なお、2009年度に、現在の工学研究科から理工学研究科への改組がなされ、各専攻は理工学専攻に統合されました。理工学専攻には3コースが設定されており、当学科には、システムデザインコース(2011年度以前の学生はエレクトロメカニクスコース)が対応することになります。

これまでの就職実績

(当学科の母体となった機械・電気電子・情報処理の各専攻06年度就職、07年度内定実績)

日産自動車 * 日野自動車 * 三菱自動車 本田技研工業 * 富士重工
石川島播磨 三菱重工 三菱マテリアル 大日本印刷 * キャノン *
横河電機 * 日立製作所 東芝 * マツダ 東京電力
ルネサステクノロジ * 三菱電機 * ニコン 共同印刷 * 凸版印刷 *
NEC 東京エレクトロン 日本信号 東日本電信電話 * 沖電気工業 *

など * 複数実績

上記に示したように、日本を代表する有力企業への就職に極めて有利であると言えます。就職後にも、多くの場合、仕事内容や将来のステップアップについて優遇されますので、進学をお勧めします。

copyright(C) seikeiuniv.all rights reserved.