2014年度 先端ロボット工学合同ワークショップ 開催報告

報告者: 小方博之(2014年度幹事、成蹊大学)

(ワークショップのホームページはこちらに移動しました)

11月30日(日)に先端ロボット工学合同ワークショップが開催されました。
ワークショップの開催は今年で22回目で、初めての日曜日開催となりましたが、20研究室から216名の参加があり、盛況のうちに幕を閉じました。



ワークショップの様子



懇親会の様子

今年の表彰者は以下の通りです。

最優秀賞:
宮下 侑大 (東京電機大学 中村研究室)
「外観情報を用いた微小動作の熟達度評価」
優秀賞:
大平 美里 (電気通信大学 横井研究室)
「感覚フィードバックを伴う機能的電気刺激を用いた運動機能回復応用に関する研究
〜健常者における脳活動の時間的推移に関する検証〜」
白石 匠 (東京大学 太田研究室)
「歩行における小脳部位特異性解明のための小脳部分除去ラットの前肢後肢の動作計測」
みなさん、立派な発表でした。おめでとうございます。




宮下君


大平さん


白石君


来年度の幹事は東洋大学の松元先生です。