HomeProfileNewsMember研究内容研究論文学会発表共同研究     年間行事授業

   ・名前 :      三浦 正志 (Masashi Miura)     Researchmap

   ・所属 :       成蹊大学大学院 理工学研究科  教授
              
               米国ロスアラモス国立研究所 Long-term Visiting Fellow

   ・学位 :      博士(工学) 2007年3月 名古屋大学
  
   ・代表論文:     
・Masashi Miura et al.,  Nature Communications , vol. 4 (2013) p2499       詳細
               
Masashi Miura et al.,  Scientific Reports , vol.6 (2016) p20436            詳細
               
Serena Eley & Masashi Miura et al.,  Nature Materials , vol.16 (2017) p409–413 詳細

   ・趣味 :      海外旅行、料理、ジョギング、バスケ


[学歴]

   ・ 名古屋大学大学院工学研究科 博士前期課程 エネルギー理工学専攻  修了  2005.3
   ・ 名古屋大学大学院工学研究科 博士後期課程 電子情報システム専攻  短縮修了  2007.3

[学位]

・ 博士(工学)(名古屋大学, 2007/3/23)
      「ナノ組織制御によるSm1+xBa2-xCu3Oy超伝導薄膜の磁束ピンニング機構と超伝導特性に関する研究」

[職歴]

 成蹊大学 大学院 理工学研究科  教授  2017. 4 New!
  
  ・
(独)日本学術振興会 科学研究費助成 基盤研究B 代表研究者 2017.4 2021.3
  ・ パワーアカデミー特別推進研究 代表研究者 2017.2 2019.3 

 成蹊大学 大学院 理工学研究科  准教授  2012. 4 2017. 3  

  ・ (独)日本学術振興会 科学研究費助成 若手研究A 代表研究者   2014. 4 2017.3
  ・ (公財)東電記念財団 研究助成(基礎研究) 代表研究者  2012. 4 2015. 3
  ・ (独)科学技術振興機構 先端的低炭素化技術開発(ALCA)探索ステージ 代表研究者  2011. 10 2012. 10

 成蹊大学 理工学部 エレクトロメカニクス学科 専任講師  2011. 4 2012. 3

米国ロスアラモス国立研究所 Director’s Postdoctoral Fellow  2010. 4 2011. 4
 「Control of shape, dispersion and size of disorder in high-temperature superconducting films and its effect on in-field superconducting properties」

米国ロスアラモス国立研究所 Visiting Fellow 2009. 4 2010. 4
   
ニューメキシコ州-経済産業省 共同プロジェクト(NEDOプロジェクト「Y系超電導電力機器技術開発プロジェクト」)

(独)日本学術振興会 特別研究員PD ((財)国際超電導産業技術研究センター)  2007. 4 2010. 3
   「ナノ組織制御により人工磁束ピンニング点を導入した高温超伝導線材の創製」

(独)日本学術振興会 特別研究員DC (名古屋大学)  2006. 4 2007. 3
   「ナノ組織制御による磁束ピンニング点を導入した高温超伝導薄膜の創製」

名古屋大学 21世紀COEプログラム研究員  2005. 4 2006. 3
   「先端プラズマ科学が拓く情報デバイス」

(独)科学技術振興機構(JST) CREST研究員  2003. 11 2007. 3
   「エネルギーの高度利用に向けたナノ構造材料・システムの創製」

[受賞]

 平成29年度文部科学大臣表彰 若手科学者賞          2017/4/19          詳細     New!
   「ナノ人工欠陥導入高磁場特性超伝導線材作製の研究」

 平成28年度全国発明表彰 21世紀発明賞             2016/6/15          詳細     
   「ナノ粒子導入高磁場特性超電導線材の製造技術の発明 (特許第5270176号)」

 2014年度成蹊学園教職員表彰  学術研究功績表彰             2014/10/4   詳細     
   「ナノ組織制御による人工欠陥導入次世代超伝導線材の創製」

 第28回 独創性を拓く 先端技術大賞 「フジサンケイアイビジネス賞」   2014/7/31   詳細     
   「ナノ組織制御による人工欠陥導入次世代超電導線材の開発」

 (社) 成蹊会 2013年度学術表彰   2013/6/22                         Pdf     
   「電力機器応用に向けたナノ組織制御による高性能超伝導線材の開発」

 (公社)日本セラミックス協会 第38回 学術写真賞 優秀賞  2013/3/11          Pdf  
   「 (Y,Gd)Ba2Cu3Oy超電導層内部構造の三次元分布解析」 (他6名)

 (財)電気科学技術奨励会 第59回電気科学技術奨励賞  2011/11/22          Pdf     
   「電力機器応用に向けた低コスト高性能超電導線材の開発」 (他2名)

 米国ロスアラモス国立研究所Director’s postdoctoral Fellow 2010/4/5         Pdf
 「Control of shape, dispersion and size of disorder in high-temperature superconducting films and its effect on in-field superconducting properties」

 (財)国際超電導産業技術研究センター 所長賞 2009/11/11                 Pdf
   「人工磁束ピンニング点導入によるTFA-MODYREBCO線材の創製」

 (社) 低温工学協会 奨励賞 2009/5/15                              Pdf
   「高温超伝導材料の研究」

 (財)国際超電導産業技術研究センター 技術賞  2008/11/18                Pdf
   「ナノ組織制御によるTFA-MOD YREBCO膜の磁場中高Ic化」

 (社)日本金属学会 奨励賞 2008/9/23                              Pdf
   「材料プロセッシング部門」

 (財)国際超電導産業技術研究センター 技術賞 2008/5/29                 Pdf
   「IBAD-MgO基板上TFA-MOD YBCO線材の高速成長化技術の開発」

 (財)国際超電導産業技術研究センター 技術賞 2007/11/13                Pdf
   「TFA-MOD REBCO線材における人工磁束ピンニング点導入技術の創製」

 (財)国際超電導産業技術研究センター 技術賞 2008/5/29                 Pdf
   「IBAD-MgO基板上TFA-MOD YBCO線材の高速成長化技術の開発」

 Jpn. J. Appl. Phys.論文奨励賞 2007/9/4                           Pdf
   「Enhancement of Flux-Pinning in Epitaxial SmBCO Films by Introduction of Low-Tc Nanoparticles」

 (社) 低温工学協会 優良発表賞 2006/5/16                          Pdf
   「異なる成膜プロセスにより作製した超伝導薄膜の転位密度と臨界電流密度」

 (社) 応用物理学会 優良発表賞 2006/3/22                          Pdf
   「超伝導薄膜の磁場中Jc特性に及ぼすナノサイズ低Tc相の影響」

[所属学会]
  
  (社)応用物理学会会員, (社)低温工学協会会員, (社)日本金属学会会員, 米国材料学会(MRS) 会員

[論文(査読有)]

1.  S.Eley and M. Miura, et al., “Universal lower limit on vortex creep in superconductors”  
   Nature Materials
, 16 (2017)      p409–413  (査読有)    詳細  New!

2.  M. Miura, et al., “Upward shift of the vortex solid phase in high-temperature-superconducting wires through high density
    nanoparticle addition” Scientific Reports, 6 (2016) 20436  (査読有)                   詳細 

3. M. Miura
, et al., “Strongly enhanced flux pinning in one-step deposition of BaFe2(As0.66P0.33)2 superconductor films with
   uniformly dispersed BaZrO3 nanoparticles
 Nature Communications, 4 (2013) 2499 (査読有)   詳細  

4.  M. Miura, et al., “Anisotropy and superconducting properties of BaFe2(As, P)2 films with various phosphorus contents”     
    Applied Physics Express, 6 (2013) 093101 (査読有)

5.  M. Miura, et al., “The effects of density and size of BaMO3 (M=Zr, Nb, Sn) nanoparticles on the vortex glassy and liquid phase
   in (Y,Gd)Ba2Cu3Oy coated conductors” Supercond. Sci. Technol., 26 (2013) 035008 (査読有)

6.  M. Miura, et al., “Mixed pinning landscape in nanoparticle-introduced (Y,Gd)Ba2Cu3Oy films grown by metal organic deposition”
   Phy. Rev. B, 83 (2011) 184519 (査読有)

7.  M. Miura, et al., “Vortex liquid-glass transition up to 60 T in nano-engineered coated conductors grown by metal organic
   deposition” Appl. Phys. Lett., 96 (2010) 072506  (査読有)

8.  M. Miura, et al., “Formation mechanism of BaZrO3 nanoparticles in Y1-xSmxBa2Cu3Oy coated conductor derived the
    trifluoroacetates metal organic deposition” Supercond. Sci. Technol., 23 (2010) 014013 (査読有)

 を含む、first author 27 件、coauthor 46 件。

Go to 研究論文

[教科書]

  
1.  M. Miura, “Nanostructured Oxide Superconducting Films Prepared by Metal Organic” Springer (2015), Mele, P., Endo,
   T., Arisawa, S., Li, C., Tsuchiya, T. (Eds.)                                                詳細  

[招待講演]

1. M. Miura
, et. al., “Irreversibility line up to 65 T in nanoparticles dispersed Y1-xGdxBa2Cu3Oy coated conductors derived from
  the TFA-MOD process” International Workshop On Coated Conductors For Applications 2009, Nov.22-24, Barcelona, Spain

2.  M. Miura, et. al., “Vortex liquid-glass transition up to 60 T in nano-engineered coated conductors grown by metal organic
   deposition”, Applied Superconductivity Conference 2010, Aug. 1-5 , Washington, USA

3.  M. Miura, et. al., “Mixed pinning landscape in BaMO3 (BMO, M=Zr, Sn, Nb)-nanoparticle dispersed (Y,Gd)BCO coated
   conductors grown by MOD” International Workshop On Coated Conductors For Applications 2010, Oct. 28-30, Fukuoka, Japan

  を含む、11件国際学会 133件国内学会 114件

Go to 学会発表

[特許]

1.  特許 5757587号
      詳細  New!
   ・発明者:三浦正志、安達成司、田辺圭一、細野秀雄
   ・題目: 鉄系超電導材料、及びこれからなる鉄系超電導層、鉄系超電導テープ線材、鉄系超電導線材
   ・番号: 特許 5757587
   ・出願日:
平成27年6月12日


2.  韓国特許(Patent No.: 10-1540782)
 詳細  New!
    ・First Iventor: Masashi MIURA
   ・Title:  RE-type oxide superconducting wire and process for producting the same
   
・Patent No.: 10-1540782
   ・Date of Patent: July 24, 2015

3.  中国特許(Patent No.: ZL2008 8 0124368.1) 詳細  
    ・First Iventor: Masashi MIURA
    ・Title:  RE-type oxide superconducting wire and process for producting the same
   
・Patent No.: 10-1540782
    ・Date of Patent: June 27, 2012

3.  特許5270176号      詳細
   ・発明者:三浦正志 、須藤泰範、中西達尚、和泉輝郎、塩原融
  
 ・題目: RE系酸化物超電導線材及びその製造方法
  
 ・番号: 特許 5270176号
   ・出願日:
平成25年5月17日


4.  米国特許(Patent No.:  US 8,326,3687 B)  
   ・First Iventor: Masashi MIURA
   ・Title:  RE-type oxide superconducting wire and process for producting the same
   ・Date of Patent:  Dec. 4, 2012 (PCT Filed: Jun.29, 2010)


5.
 特願 2006-531973, “超伝導薄膜、その製造方法、およびそれを用いた超伝導線材、超伝導デバイス”, 吉田 隆、高井吉明、
   一野祐亮、三浦正志、松本 要、他 3 名

6.  国際特許出願 PCT/JP2005/015423 “超伝導薄膜、薄膜、その製造方法、およびそれを用いた超伝導線材、超伝導デバイス”,
   吉田 隆、高井吉明、一野祐亮、三浦正志、松本 要、他 3 名

[新聞発表]    
1.  “鉄系超電導で大電流維持~材料に常電導微粒子混ぜる~”日本経済産業新聞, 2017年4月21日    Pdf

2.
 “パワーアカデミー、直流超電導ケーブル研究を特別推進研究に採択”, 電気新聞, 2017年1月27日    Pdf

3.  “拓く研究人(119)成蹊大学理工学部准教授・三浦正志氏”, 日刊工業新聞, 2016年5月13日       Pdf
                         
4.  
“先端技術大賞決定”, フジサンケイビジネスアイ、産経新聞、
                                 夕刊フジ、サンケイエクスプレス,
2014年6月12日  Pdf

5.  
“鉄系磁石の磁力3倍に”-微粒子使う技術ヘリウム不要-”, 日本経済産業新聞, 2013年10月13日 7面  Pdf

6.  
“JST ALCA探索ステージに採択”, JSTプレス発表, 2011年10月4日  Pdf

7.  “Interview with JSPS Fellow in U.S.”, JSPSSF News Letter 16, December 2009, p9. Pdf

8.  “Voltex Liquid-glass Transition Up to 60T in Nanoenginneered Coated Conductors”, Magnet Science & Technology
   (2009 Annual reports, USA) chapter 2, P35-36  Pdf

9.  “高い磁場でも電気抵抗ゼロに”,毎日新聞, 2009年11月10日 13面 Pdf

10.  “高磁場で超電導線材に超電導電流を確認”, 日刊工業 (日刊工業新聞), 2009年11月6日 WEB Pdf

11.  “高磁場で通電可能に”, 日本経済産業新聞, 2009年11月4日 10面 Pdf

12.  “高磁場で超電導実証”, 電気新聞, 2009年11月4日 4面  Pdf

13.  “高磁場で超電導維持”, 日刊工業, 2009年11月3日 17面  Pdf

14.  “高磁場で超電導線材に超電導電流を確認”, asahi.com (朝日新聞社), 2009年11月3日 WEB  Pdf

15.  “超電導の線材:高い磁場でも電気抵抗ゼロリニアに応用期待”, 毎日jp (毎日新聞社), 2009年11月2日 WEB  Pdf

16. “International collaboration studies high-yield superconducting properties of coated conductors”,
    Newsletter of the Materials and Applications (Los Alamos National Laboratory)誌, 2009年9月  Pdf

 を含む34件

[研究費]

(独)日本学術振興会 科学研究費助成 基盤研究B 代表研究者  
平成29年3月~32年3月 New!

パワーアカデミー 特別推進研究   代表研究者  平成29年2月~31年3月 New!

(独)日本学術振興会 科学研究費助成 若手研究A 代表研究者  
平成26年4月~29年3月 

(公財)日揮・実吉奨学会 研究助成 代表研究者
 
平成24年10月~平成25年10月 
 
“革新的磁場中臨界電流を目指した有機人工欠陥導入超伝導薄膜創製”

(独)日本学術振興会 科学研究費助成 若手研究B 代表研究者  平成24年4月~26年3月 
 “人工欠陥導入により縦磁界効果利用大容量超伝導ケーブルは実現可能か?”

(公財) 東電記念財団 研究助成 (基礎研究) 代表研究者  平成24年4月~27年3月
 “縦磁界効果が超電導ケーブル用線材の臨界電流特性に及ぼす影響”

(公財) 大倉和親記念財団研究助成 代表研究者  平成23年12月~24年12月 
 “人工ナノ粒子制御による革新的臨界電流セラミックスの創製”

(独)科学技術振興機構 先端的低炭素化技術開発(ALCA)探索ステージ  代表研究者   平成23年10月~24年9月 
 “磁束運動制御による磁場中1000A級超伝導線材の開発”

米国ロスアラモス国立研究所 Director’s postdoctoral Fellow research fund (X9P4)研究代表者  平成22年4月~24年3月
“Control of shape, dispersion and size of disorder in high-temperature superconducting films and its effect on in-field superconducting properties”

(独) 日本学術振興会 科学研究費補助金(特別研究員奨励金) (20・4011) 研究代表者  平成20年4月~22年3月
 “ナノ組織制御により磁束ピンニング点を導入した高温超伝導線材の創製”

(独) 日本学術振興会 科学研究費補助金(特別研究員奨励金) (18・6513) 研究代表者  平成18年4月~20年3月
 “ナノ組織制御による磁束ピンニング点を導入した高温超伝導薄膜の創製”

(財)中部電力基礎技術研究所 国際交流援助(E-17114)研究代表者  平成17年12月
 “Dislocation density and Jc value in SmBCO thin films prepared by various fabrication processes”

名古屋大学 21世紀COEプログラム研究費  平成17年4月~18年3月
 “先端プラズマ科学が拓く情報デバイス”

[社会活動]

(公社)低温工学・超伝導学会 学会誌出版編集委員   2016年4月~現在  New!
武武蔵野市第九期環境市民会議委員           2013年11月~2017年10月  New!
武武蔵野市第八期環境市民会議委員           2013年11月~2015年10月

[学内委員]
国際教育センター国際教育プログラム実施委員  2015年4月~ 2016年3月

理工学研究所研究員                    2014年10月~2016年3月

学内誌ZELKOVA編集員                  2012年3月~2014年3月

      Photo Gallery     アクセス・連絡先        Copyright (C)2011-by Masashi MIURA, All Rights Reserved.